オオハクチョウ

最近の情報(2017年4月13日)

<4月13日>たまに若い個体が見られます。

<4月6日>81羽。厚岸湖の氷は溶け、本体も姿を消しました。今季はこれで終了。

<3月25日>327羽。厚岸湖の氷がだいぶ少なくなってきた。そろそろ越冬個体も終わりの頃。

<3月17日>384羽。若干減少。やはり明確なピークはないか。

<3月11日>421羽。太平洋側から入ってくる群れは確認できるが、湖内で増える様子はない。

<3月5日>546羽と若干増えた。北上組が少し入ったか?

<2月24日>404羽。少ないなりに現状維持?

<2月16日>396羽。どこに移動したか不明。

<2月3日>628羽とかなり減少。浜中町に移った?

<1月25日>858羽と若干減少。

<1月15日>924羽とあまり変わらない。

<2017年1月9日>50羽ほど増えてる。前回数え忘れがあったか、新たに入ってきたのか?

<12月25日>越冬数として落ち着いたようだが、お隣町の沼から200羽程度移動してきてきている様子。856羽。

<12月15日>更に寒波に押し出されるように南下しています。15日現在で646羽。12月中旬としても記録的な少なさ。

<2016年12月8日>明確なピークのないまま、1,146羽にまで減少。12月上旬としては記憶にない少なさ。異常な寒波が断続的に来ているので、南下してしまった様子。

<10月5日>初飛来の8羽は9月30日までいましたが、その後不明。10月5日になって、再び成鳥ばかりの14羽が別寒辺牛川河口に飛来していました。

<9月29日>12年ぶりに9月の初飛来です。
午後4時過ぎに別寒辺牛川河口左岸にて8羽の成鳥を確認。午前中には濤沸湖に同じ羽数のオオハクチョウが初飛来し、その後すぐ飛び立ったとの話なので、同じ群れなのでしょう。

前季のオオハクチョウの飛来状況

コチラもぜひお読みください


水鳥観察館ニュースへ戻る

観察館ホームへ戻る

厚岸水鳥観察館 E-mail: