死んだり弱っている野鳥を見つけても触らないで!

死んだり弱っている野鳥を見つけても触らないで!

<平成30年2月5日>
東京都大田区の死亡野鳥において、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたことを受けて指定していた野鳥監視重点区域について、新たな死亡野鳥の発見等の異常が認められていないことから、2月4日(日)24時に解除を行いました。
これを受け、国内単一箇所での発生(香川県さぬき市の家きん)となることから、「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」に基づき、現在実施している野鳥サーベイランスにおける全国の対応レベルを「対応レベル2」に引き下げました。」と環境省から発表がありました。


【現在の対応レベル】
対応レベル2(国内単一箇所発生時)(平成30年2月5現在)

 ●環境省 釧路自然環境事務所
   TEL:0154−32−7500(代)
 ●北海道釧路総合振興局環境生活課
   TEL:0154−43−9155(直)
 ●厚岸町役場 環境政策課 林政係
   TEL:0153−52−3131(代)
 ●厚岸町役場 環境政策課 水鳥観察館
   TEL:0153−52−5988(直)
 
○ 野鳥に触れた場合は手洗い・うがい等をしてください
 鳥インフルエンザが人に感染することはまれです。万が一、触れた場合は、通常の手洗い・うがい等をすることで充分に感染を予防することができます。
○ 野鳥の糞を踏んだ場合は靴底を洗ってください
踏んだ糞にウイルスが付着していた場合、移動することによってウイルスを広める恐れがあります。釣りなどで水辺に立ち入り、水鳥の糞を踏んだ可能性がある場合は、念のため靴底の洗浄をお願いします。
○ 野鳥に餌を与えないでください
餌付けにより、多くの野鳥が集まることによって、ウイルスが集団の中で急速に広まる可能性があります。厚岸町では、かねてより鳥インフルエンザ発生の有無にかかわらず、生態系を崩さないためにも、野鳥への餌付けをしないようにお願いしています。
○ ご不明な点や不安なことがありましたら、厚岸町役場環境政策課または、厚岸水鳥観察館までお問い合わせください。

【関連ページ】

●環境省

高病原性鳥インフルエンザに関する情報
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/

●北海道 生産振興局畜産振興課
高病原性鳥インフルエンザに関する情報
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/tss/kachikueisei/aviflu.htm

●環境生活部 環境局生物多様性保全課
死んだ野鳥を見つけても素手で触らないで
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/yacyotyui.htm

●厚生労働省
鳥インフルエンザについて
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144461.html


観察館ホームへ戻る

厚岸水鳥観察館 E-mail: