厚岸水鳥観察館へようこそ

English Version Here

あなたで 番目のご来館です

厚岸湖〜別寒辺牛川の
オオハクチョウは
10月11日現在
66羽

詳しくはこちらへ!!!

【野生生物緊急情報】

観察館とは?



 

 別寒辺牛湿原の中で、最も水鳥が集まりやすい場所の1つである別寒辺牛川の河口の様子を、2つのサイトでライブ映像(静止画)として公開しております。


<その1>環境省自然保護局生物多様性センターのホームページ内にあるインターネット自然研究所の「国立公園・野生生物ライブ映像」で見ることができます。

インターネット自然研究所
「国立公園・野生生物ライブ映像」内の 厚岸湖・別寒辺牛湿原の動物達 を御覧下さい。

<その2>当館ホームページで、5分間ごとに映像を更新しております。以下をクリックしていただければ、画像ウインドウが開きます。

リアルタイム放送実施中!5分更新
開館時刻内のみ放送
画像更新時間 :8:45〜17:00
画像サイズ640×480
1ファイルあたり100〜150kbあります

更新内容

  • オオハクチョウ飛来日当てクイズ終了!初飛来を待ちましょう。
  • Facebook始めました!

  • お知らせ

  • 「新厚岸町史」資料編3として、自然・統計編を発行しました。
     平成15年に第1巻目として資料編1「日鑑記上」を発行していましたが、今回はこれに続く第2巻目の発刊となったものです。
     この資料編3は、自然・文化財・統計・沿革資料の4編の構成になっています。
     第1編の自然については、地質・地形・気候・気象のほか、動植物は厚岸町内に生息する、ほ乳類・鳥類・魚類・昆虫・種子・シダ植物等が網羅されています。また、絶滅の恐れのある野生生物の情報をまとめたレッドデータブックや特定外来生物に関係するリスト等を掲載しました。
     第2編の文化財は、指定文化財と埋蔵文化財について掲載しています。
     第3編の統計は、現存する資料から、明治5年の戸数・人口をはじめ、現在までの各種の統計資料を編集しています。
     第4編の沿革資料は、明治43年ごろに発行されたと推測される「厚岸町勢一班」(北海道大学付属図書館所蔵)を復刻資料として掲載しているほか、大正6年当時の「太田村沿革史」(北海道大学付属図書館所蔵)も復刻資料として掲載しています。
     本誌は、厚岸町の今日の姿を、自然環境や文化財に関するデータと明治初期から現在に至る統計資料、また沿革資料の掲載を通じて明らかにしようとするものです。
     厚岸町の歴史の一端を振り返るものとして、ぜひご覧下さい。

    〜ただいま購入希望受付中〜

    詳細・購入希望は、厚岸町ホームページから「町からのお知らせ」→「各課のページ」→「まちづくり推進課」をご覧下さい。

  • UPDATE:Thursday, October 12, 2017 by Akkeshi Waterfowl Observation Center

    このサイトに掲載されている全ての写真等の無断使用を厳しく禁じます。

    <連絡先>
    〒088-1140
    北海道厚岸郡厚岸町サンヌシ66番地
                     厚岸水鳥観察館
    TEL&FAX: 0153-52-5988
    厚岸水鳥観察館 E-mail:

    厚岸町役場環境政策課